ニキビの種類は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

ニキビとは炎症性の皮膚疾患ですが、発症の進行度で種類がいくつかに分かれます。

比較的初期段階にある白ニキビは毛穴が角栓により塞がれた状態です。
「コメド」と呼ばれることも多く、痛みはありませんが
何度も同じ場所に発症してしまうことがあります。

更に毛穴に溜まった皮脂が表皮に表れ酸化し変色した状態を黒ニキビと言います。
この状態も痛みはありませんが、黒いので顔面にできてしまうと少し目立ってきます。
これらのように毛穴が詰まった状態で終わらず
炎症を伴ってしまったものを赤ニキビと言い、
腫れと痛みがあり、悪化が進むと治った後も跡が残ってしまったりします。

そしてもう一つ重症度の高いものとして黄ニキビがあります。
これは化膿した状態で内部に膿を持っており、
炎症が皮膚の奥深く真皮に達していることがあるので、
むやみに潰してしまうことは悪化しクレーターという跡を残す可能性が高くなります。
炎症する種類に関して自然治癒は難しく皮膚科での治療がすすめられます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://abnormalmeans.com/mt-tb.cgi/17

コメントする