ニキビ対策におすすめなものはいろいろありますが、コスメはとても重要です。
毎日お顔につけますので治す効果も高く、
逆に間違ったものを使ってしまいますとひどくなってしまうからです。

まず大切なのは、刺激が強いコスメは避けることです。
ニキビは刺激によって発生したり大きくなったりしてしまうからです。

そして、ノンコメドジェニックのものを選ぶことをおすすめします。
これはニキビの原因となりにくい化粧品という意味を持っています。

さらに、ニキビ対策の成分が入っているコスメを選びましょう。

例えば保湿成分は重要です。
お肌を保湿することでバリア機能を高めて、
刺激からお肌を守ることができるからです。

具体的にはヒアルロン酸やコラーゲン等です。

また、ニキビの原因である雑菌を殺菌してくれる成分が含まれている化粧水などもあります。
ホルモンバランスを整えるためにイソフラボンが配合されたものを利用するのもよいですね。
こうしたコスメでお肌を生まれ変わらせましょう。

ニキビに悩む人は、ニキビで嫌な思いをしたことが星の数ほどあることでしょう。
ニキビができてしまうと多くのことに支障が出てしまいます。

メイクや洋服などがバッチリきまらず、
自信を持って堂々と人前に出ることが億劫になります。
人と接する仕事、中でもファッション関係や美容関係の場合は特に、
肩身のせまい思いをすることがあります。

ニキビに対して知識のない人は、
ストレスや体質、生活習慣が原因ということを知りません。

顔を洗っていないんじゃないか、不潔にしているのではないか、
などという心のない発言をされた人もいます。

どうにかして治そうと日々努力をしている人は、基本的なスキンケアを行い、
誰よりも清潔を守っているはずなのに、そのような発言は悲しいものです。

嫌な思いはバネになり、本気でニキビを治すきっかけにすることができます。
治す手段はいくらでもあり、時間はかかってもきっと改善していくものです。

ひとつの改善方法よりも、いくつかの角度から同時に攻める方が効果的です。
根気強く続けることが何より大切なので頑張りましょう。

ニキビとは炎症性の皮膚疾患ですが、発症の進行度で種類がいくつかに分かれます。

比較的初期段階にある白ニキビは毛穴が角栓により塞がれた状態です。
「コメド」と呼ばれることも多く、痛みはありませんが
何度も同じ場所に発症してしまうことがあります。

更に毛穴に溜まった皮脂が表皮に表れ酸化し変色した状態を黒ニキビと言います。
この状態も痛みはありませんが、黒いので顔面にできてしまうと少し目立ってきます。
これらのように毛穴が詰まった状態で終わらず
炎症を伴ってしまったものを赤ニキビと言い、
腫れと痛みがあり、悪化が進むと治った後も跡が残ってしまったりします。

そしてもう一つ重症度の高いものとして黄ニキビがあります。
これは化膿した状態で内部に膿を持っており、
炎症が皮膚の奥深く真皮に達していることがあるので、
むやみに潰してしまうことは悪化しクレーターという跡を残す可能性が高くなります。
炎症する種類に関して自然治癒は難しく皮膚科での治療がすすめられます。

ニキビの発生の原因は、
体調や肌の状態などが大きく関係しており、
様々な要因が関係しているケースが多いので
人それぞれ発生の原因は異なってきます。

主な発生の要因としては、
肌の常在菌のアクネ菌が肌の皮脂が充満すると
増殖をはじめニキビの炎症を引き起こしてしまいます。

また肌の細胞が生まれ変わるターンオーバーが乱れてしまうと
毛穴出口の各層が剥がれない状態になってしまうと
毛穴を塞いでしまいニキビの発生の原因となってしまいます。

その他に男性ホルモンが活性化したり、
女性ホルモンが乱れたりすることもニキビの発生の原因の1つで、
思春期やストレスを受けてしまうと皮脂が過剰に分泌され、
アクネ菌の増殖につながります。

思春期にできる場合は、皮脂が原因となっているケースが多いので、
洗顔などを行い清潔に保つ事で症状を緩和する事ができるケースが多いのですが、
大人になって発生する場合は、肌の乾燥や角質の蓄積が要因となっていることが多い。

ニキビは思春期にできるというイメージが強いのですが、
これは大人になってもできるもので、ただある程度の年齢を越えると
それを「吹き出物」などというように呼び名を変えるだけです。

ニキビは典型的な肌トラブルであり、特に大人になってからできる場合は
乾燥や赤みなど他の症状も同時に発症する事が多くあります。

結局肌のトラブルというわけですから、
対策としては肌をきれいに保つための方法をとる事が大切です。

例えば乾燥ですが、肌が乾燥して潤いがなくなると
見た目もかさついた感じになってしまいますし、吹き出物も出てきます。
ですから常に保湿を意識して、空気の乾いた季節には
特に高濃度のクリームで保護するなどの保湿対策が必要です。

また、栄養不足も肌荒れの大きな原因となりますから、食生活の見直しをして、
ビタミンやミネラルなど人間にとって当たり前に必要でありながら
不足しがちな栄養素をたくさん摂取するというのも対策をしてはとても良い方法です。

syoku.jpg

ちなみにニキビ箇所は脱毛サロンで施術できません。
ですので普段からケアなどしっかりしておきたい所ですね。

脱毛サロンといえば、今年オープンした、ららぽーと富士見のミュゼがあります。
OLなど仕事帰りはもちろん、ショッピングセンターの1階にありますので、
主婦など幅広くターゲットにしていますね。

ちなみに管理人もミュゼで脱毛していたのですが、ここはかなりオススメのサロンです。